結婚は「気をつかわない人」がいい

気楽

こんにちは、結婚相談所KHM船橋店の黒澤です。

先日、以前成婚退会された旧男性会員様(40代半ば)と奥様(40代前半)お二人とお会いする機会がありました。

相変わらず仲睦まじいご夫婦、イチャイチャするとかではありませんが、お互いが自然と気遣いができる、そんな雰囲気が感じられます。

さて、世間話も含めて2時間以上じっくりと話をすることができたのですが、話の展開の中で、奥様の婚活当時のお話を聞くことができました。そこで改めて思ったことは、、、

結婚は「気をつかわない人」がいい

奥様曰く、今のご主人(当社旧会員様)とは11回目のお見合いだったそうです。ご自身の年齢のこともあり、変な話、選り好みせずにお見合いをしていたそうです。しかし、「いい人」はいるけど交際には発展しない。。。

そんな時、当社旧男性会員様とのお見合い。出会ってすぐに一つの感覚があったそうです。

あれ、気をつかっていない自分がいる!

今までのお見合いにはない感覚だったそうで、ピンとくるものがあったそうです。

一方の当社旧男性会員様はどうだったかというと、「何か分からないけど、落ち着いて自然体でいられた」のだそうです。

その後、最初のお見合いから何度かデートを重ね、見事にゴールイン。お互い「サッカー」が好きだったようで、共通の趣味があったことも良かったようです。

このお二方、まさに「相性」が良かったのでしょうね。素晴らしい出会いだと思います。上記のような「感覚」、年齢を問わず「結婚したい」と思っている方に、ぜひ大事にしてもらいたいです。

相性

さて、せっかくですので奥様に「婚活している方々へのアドバイス」を聞いてみました。経験者が語るアドバイスですので、かなり参考になるはずです。

婚活経験者が語る婚活者へのアドバイス

  • 最初は、選り好みせずお見合いをしましょう。会わないと何も分かりません。会わずにチャンスを逃している人が本当に多いと思います。
  • 自分の今の状況を踏まえて婚活しましょう。特に40歳~の方は、男女問わず成婚確率が低下していきます。
  • プロフィールだけでは分からない、お相手と会った時の「感情」を大事にしましょう。一緒にいて気が楽か、また会いたいと感じるか、これが結婚には大事です。
  • プロフィールに書いてあるスペック(年収・学歴・職業など)は二の次で。例えばお金のこと、共働きが当たり前のご時世、そう思えばクリアできることはたくさんあります。
  • 最後に、「自ら積極的に活動する」ことを肝に銘じましょう。「待つ」だけでは絶対にダメです。自らチャンスをつかむ思いで。

挑戦

いかがでしたか?

11回目のお見合いで成婚に至った今回の奥様、物腰柔らかく気さくにお話ししてくれました。ご自身がご苦労なさったからこその説得力、「これが婚活なんだ」と改めて気づかせてくれるものでした。

今後も、こうしたエピソードをご紹介できればと思いますのでお楽しみに。