IBJ(日本結婚相談所連盟)の定例会&研修に参加してきました

こんにちは、結婚相談所KHM(運営会社:KHM合同会社)船橋店の黒澤です。

2017年になってから早くも1月が過ぎ、2月も半ばとなりました。
巷ではバレンタインデーということで、プレゼント用のチョコレートなど販売が盛んですよね。

そんな最中、妻からこんなことを言われました。

「2月14日空けておいてね!」

私は、内心思いました。

「バレンタインデーだな。いや待てよ、何か忘れているような…そうだ! 結婚記念日だった!!!」

危ない危ない、大事な日を忘れるところでした。
(そもそも、結婚記念日を忘れないようにするために、バレンタインデーにしていたのに…)

男性は女性に比べて、こうした「記念日」を大切にしない傾向にあります。

「記念日」は、異性に気持ちを伝える良いきっかけともなります。
特に、記念日を大切にする女性に対し、男性から気持ちを伝えることは、とても効果があると思います。
男性の皆さんは、日頃から「○○記念日」を意識しておくとよいかもしれませんよ。


さて、当結婚相談所が加盟しているIBJ|日本結婚相談所連盟では、定期的に加盟店向けの研修会を実施しています。
昨日、今年初めての定例会および研修会が実施され、当相談所も参加してまいりました。

前半:定例会

一番印象に残ったのは、婚活における男性側から見た不満・ギャップ」、「女性側から見た不満・ギャップ」といった話です。

詳細はここでは言えませんが、婚活をするうえで、男性・女性それぞれの立場から「意識しなければならないこと」や「陥りがちなこと」があります。
実際に婚活をされていた方々へのアンケートをもとに、統計的出された結果ですので、信憑性もあると思います。

こうした情報は、どんどん当相談所のお客様に還元していきたいと思います。

後半:研修会

「集客・マーケティング」をテーマに、IBJ社の石坂社長の熱い講義を受講させていただきました。

「集客・マーケティング」は、私どもからすると、潜在的に「結婚したい」と思っている方々との関係を構築し、ご入会いただき、いかに成婚まで導くか、といった一連のプロセスと理解しています。

そこで、改めて思ったことがあります。

そもそも私たちは、お客様にどのような価値を提供できるのか。
お一人お一人に、どのような独自性のあるサービスを提供できるのか。

「結婚」とは、お客様の人生に大きな影響を与えるイベントです。
だからこそ、私たちも安易な気持ちで臨んではいけない。
お客様が期待する結果を得るためにどんなことができるのか、お客様にどう接していけばよいのか…
こうしたことを常に考え、追及し、実践していかなければならないと思いました。

当相談所は現状にとどまらず、お客様のために様々なチャレンジをしていこうと思います。

まずは無料相談・お試しお相手検索から始めよう